x-countries - 世界一周から帰国後、海外生活を経てバックパッカー旅を続けています。
旅のコツ

ケープマクレアからクアンバ(マラウィ、モザンビーク国境越)

僕らはマラウィ湖南部の街、ケープマクレアからチポンデ(Chiponde,マラウィ側)とマンディンバ(Mandimba,モザンビーク側)の国境を越え、クアンバ(Cuamba)に移動しました。そのルートを紹介します。
201410743721.jpg
1、ケープマクレア(マランベキャンプ前)→マンゴチ(Mangochi)(1人1000クワチャ、ミニバス、2時間半)
2、マンゴチ→マンゴチ(チポンデ行きバス乗り場)(2人+荷物で600クワチャ、チャリタクシー、10分)
3、マンゴチ(チポンデ行きバス乗り場)→チポンデ(1人1000クワチャ、ミニバス、1時間)
4、チポンデ→ボーダー→マンディンバ(2人150メティカル、バイクタクシー、10分ずつ)
5、マンディンバ→クアンバ(1人250メティカル、ミニバス、5時間)

※時間は走行時間。マラウィとモザンビークのミニバスは、基本的に乗車率が200パーセントになるまで出発しないので、その間ひたすら待ったり、街中を何回もぐるぐるまわり続けます。

【詳細】
1、6時前にケープマクレアのマランベキャンプという宿を出発。ブランタイヤ(Blantyre)行のミニバスでマンゴチ(Mangochi)に向かいます。料金は1人1000クワチャ(250円)。マンゴチには9時半位に到着。
2、ミニバスを降りると、チャリタクシーの客引きがウザいです。料金交渉必須。
3、バス乗り場というか、道路脇にミニバスがたくさん止まってます。
4、チポンデに着くと、今度はバイクタクシーの客引きがウザいです。とりあえず、マラウィ出国スタンプをゲットします。そして、ボーダーに行ってモザンビーク入国スタンプをゲット。バイクタクシーはがめついので、まずはボーダーまでの料金を言ってきます。そして、ボーダーからマンディンバまでの料金をもっと払えと言ってきます。2回の料金交渉が必要です。
5、マンディンバの街でクアンバ行の3度目のミニバスに乗車。1人250メティカル(850円)。クアンバ着は17時半位。